スマートフォンから問い合わせの電話をする

0120-700-502

受付時間 10:00~17:30(土日祝 休み)

お問い合わせ

SSL対応 SSL対応のデメリット

SSL対応のデメリット

メリット多数のSSL対応ですが、デメリットもあります。
しかし、デメリットを大きく超えるメリットがあるので、SSL対応はすべきです。

SSL対応のデメリット

メリットが多いSSL対応ですが、デメリットについても知った上で検討してください。

SSL対応には、下記のようなデメリットがあります。

  • SSLの導入や維持にコストが発生する
  • ホームページの表示スピードが遅くなることがある
  • 名刺などに載せているURLを変更する手間や費用が発生する

まとめると、SSL対応したことにより発生する、コストが主なデメリットとなります。

デメリットを大きく超えるメリットがあります

何事もメリットとデメリットがありますが、そのバランスを考慮して判断することが大切です。

SSLについて、メリットとデメリットのバランスを考えたとき、上述のデメリットはそれほど大きくないと考えることができます。

そして、そのデメリットを回避することもできます。

まずSSLの維持コストですが、無料にできる方法があります。
メジャーなレンタルサーバーであれば、無料SSLが付いていることが多いからです。

次に、表示スピードについてですが、端末機器やレンタルサーバーの性能向上で、気にしなくて良いレベルになっています。

最後に、印刷物などのURL変更の費用や手間は掛かってしまい、これだけは避けられません。
しかし、SSL対応していないことにより発生する可能性のあるコストや機会損失を考えたら、逆に安く済むのではないでしょうか。

当社としては、SSL対応したホームページ制作に取り組んでいます。
無料SSLを利用する場合であれば、特にSSL対応についての費用は頂いておりませんので、ご安心ください。

「SSL対応」へ戻る

このページのトップに戻る